見習うことを躊躇させるのはなにか

北陸って北欧と似ている。ググってみるとそうした視点の論評が結構あります(まあ、アンチ論もありますが)。 例えばこの記事。北陸3県の水準が高いことがデータでうなずけます。 他県も学ぶべきでしょうが、一長一短で真似できないのかな。新潟出身としては気になります。 そして、これって企業で…
続きを読む

PG BTTLE2020 高校以下の部の優勝は中学生チーム

PG BTTLE2020の高校以下の部で、なんと中学校ながら唯一の満点だった灘中の優勝インタビューがアップされました。なんか、むっちゃ中学生で愛らしいのですが、でもすごいって感じがビシビシ伝わってきて尊敬します。 「後生畏るべし」。みなさんもぜひ読んであげてください。

批判するより応援したほうが解決に向く

会社が大変なときは、経営陣に対する批判も聞こえてきます。 そんなとき、信頼して励ましてくれる社員の声はありがたいものです。 コロナという大敵に遭遇したとき、政府もなんとかしようと懸命なのだから、(コロナに関しては)一切批判は口にせず応援しよう。 私のように考えている人も多いはず……
続きを読む

論語と算盤塾で講演します

「論語と算盤塾」で講演することになりました。 テーマは「デジタルを活用した企業経営の最前線!」です。 日本は「私はITが苦手」とおっしゃる方が多いですが、 もっとデジタルを活用してSDGsの目標8「働きがいも経済成長もを実現しましょう。 よろしければお聴きください。

12月のMyお薦め書籍「Factfulness」

SDGsに向き合うために読んでみたら、とてもいい本でした。 イメージや感情だけで論じるのではなく、きちんとデータを抑えた上で考える重要性が伝わってきます。 11月は「たたかう植物」でしたが、12月のお薦め本は「Factfulness」です。 コロナに向き合うのにも役立ちますすよ。

変化を柔軟に受け入れるのはビジネスでも大切

選手やタレントがよく使う「素直に」という言葉。 単に「嬉しいです」「驚きました」と言った方が、気持ちが伝わって好印象なのにと感じます。 もっとも時代とともに言葉は変わるので、「素直に=とても」と理解すればいいのかな。 そう考えると、本当にという言葉も似たようなものだと思い当たりま…
続きを読む

謝るときは言い訳しない

トップは謝るときに真価が透ける。特に政治家は下手だ。 「国民の誤解を招く」などと言わず「政府が呼び掛けているのに自らが…」と真摯にお詫びすれば、もともとたいしたことじゃないので終わること。 「他の方との距離が十分にあった」という言い訳も不要だし…。 原稿を書く人が愚かなのかな。も…
続きを読む

空間を共有するということ

小学校の頃、通知表を見て、見てないようで自分の行動やキャラをよく見てると感心した。 同じ空間を共有するってこういうことか。 今なら会社。上司も部下も本人が思っている以上に見透かされているので裏表なく行動しないと。 これは逆も同じで、リモワが長期化して人の良い面に触れる機会が減るの…
続きを読む

サイレントマジョリティーの考えを知るために

Yahooニュースなどに対するコメントは読んでいて気分悪いものも多いが、人々の本心が垣間見られる。 そして、いろいろな考え方・捉え方をするものだと勉強になる。 ライターが渾身の記事を書いても、意外とクールに読んでいる人がいて、独りよがりの文章を書かないようにと自分を戒める教材にも…
続きを読む